« 富士HC直前(暫定up) | トップページ | #6週エドローグ »

2006年6月11日 (日)

#3富士HC、最大の難関は

朝4時に起床、早速外の天気を見にドアを開けると・・大粒の雨だった
早朝にも拘わらず隣りのコテージの人たちは既にジャージに着替えていた 早え~!と言うかやる気満々だよ
こりゃDNSもありかなとの思いは吹っ飛んでしまった。
だけど折角朝のために用意したトレーナーに乗る余裕は無くなってしまった。
今回は全く雨対策、寒さ対策が甘かった。前回八ヶ岳のダウンヒルでアームウォーマーとウインドブレーカで問題なかったしなぁ
ここの場合、荷物をゴールで受け取れるサービスがあったのは知っていたのだが・・ 甘かった(TT)
0611_01

5:30 昨日用意したパンを食べ、装備は長袖アンダーの上にシンザカヤジャージとニーウォーマー、その上からケンちゃん考案ビニール袋ポンチョを着た
アームウォーマーとウインドブレーカをジャージポケットに入れて帰りはこれで凌ぐしかないと腹を決めた。結局荷揚げサービスは使わなかった。
会場には車で行くことにした。もうその時点でいっしょに来た人たちとは別行動になってしまい、結局ゴール後の混乱に紛れて誰とも遭わなかった。宿泊したパインツリーは前日のうちに精算して正解だ

5:50 北麓公園の競技場近くに車を止めて(申し込み確定順に駐車場が割り当てられるらしい。ここはスタート地点から100mないくらいのところ いいロケーションに止められた)、自転車を持ってスタート地点のグループ別の待機場所に向かった。
0611_02
私は45~49と50才以上の列に自転車を置き、kazuさんを探したが中々見つからず、うろうろしたが会社の同僚チームとも会えなかった。暫くしてスカイブルーのラバネロを発見! 漸く遭えた。
0611_03 いっしょにhiroさんとお会いした hiroさん、これからもよろしくお願いします hiroさんのヴォーグは細身のフレームでかっこいい。hiroさんは府中から自走してきたそうで、「道志はもう行かない!!(プンプンとニコニコしながら)」と仰ってた。でも楽しそうだったなぁ 前日の酒が・・とも。
スタートまで暫し談笑

7:00 レース開始!! アスリート組から順次スタートする。依然と雨は降っていた。
7:15 私たちの列は総勢700人強 一度に700人がスタートするので、後に並んだため中々先に進まない
0611_04_1
この時点でサイコンをリセットした 後で気が付いたが、計測開始は少し先の地点だったので正確なタイムは自分では確認できなくなっていた。まぁこんなもんだ
やっとばらけて走行状態になった 手前のなるしまジャージがKazuさん。
0611_05 スタート地点でLCの高橋さんがいらしたらしい(hiroさん談)。参加ではなく応援みたいだったようです
ここまでは我がデジカメのR3くんのシャッターカバーは正常だったが、その後カバーに触れてしまい、半開き状態になってしまった。以降黒い斜めの斜光物は引っ込みそこなったシャッターの残骸です と言うか他の人は軽量化と寒さ対策しているのに私はベントボックスにデジカメを持参かい 公道封鎖イベントですから(^^;
料金所手前で計測スタート。計測には一口羊かんくらいのチップをフロントのクイックリリース付近に挟むように付けて、地面にセンサーが横断してあり、そこを通るとピピーと鳴って計測する仕組みだった。
早速、料金所の屋根の下で雨宿りをしながらR3くんのシャッターの修理をする が直らなかった がっかり 折角持ってきたのに・・ とウダウダしているうちに既に遅れてスタートした組(ゼッケンの色が違う 私はうぐいす色)がバシバシ通って行く
0611_06
再スタート 最初の一合目までがきついときーじぇいさんから聞いていたので、 34-26を最初から使い 9-10km/hと低速で進む。兎に角私の場合体が暖まるまでに無理するとすぐ喘息になってしまうので、気をつけた。
これが良かったのか、8kmくらい進んでも喘息にならなかった。良かったぁ。雨で前が見難く、サイコンを確認してたら前に遅い人(私よりね)に気が付くのが遅れ接触、よろけてもう1台に接触。3人とも落車はしない程度でしたが、申し訳ないことをした。ごめんなさいと平謝り。
0611_07
結局一合目は気がつかず第一休憩所(10.5km)で一休み サイコン計測で52分経過。
寒くて寒くて・・ストレッチ休み 少し張りが出てきたが、体の疲れはなくいい感じ。スポーツドリンクのサービスがあったのでどんな味かなぁと試飲 ほんとは暖かいお茶とかお汁粉があると有難かったなぁ(贅沢ですみません) 直ぐに再スタート
コースは単調に比較的緩い傾斜が続いたと思う。平坦な場所もあり25km/hくらいで進むところもたまーにある
きついところだと9km/hくらいに落ちたが、大概13-15km/hで進めた。結構自分ではいいペースだ。同じ色のゼッケンやピンク色ゼッケンをお返しとばかりに抜き返す。結構いいじゃん なんてね
8:50 四合目の#2休憩地点到着 サイコン見る余裕なし。寒いし脚パンに近い。と言いながらも四合目の写真を取りまくるアホであります
0611_08
入念にストレッチとマッサージ、それとトイレで軽量化 兎に角寒い 森林限界を越えたのか滅法寒い
眼鏡もぬれて前が見えにくく役に立たないのでヘルメットに付けて裸眼で再スタート 結局ゴールまでにペダルから脚を離したのはこの2箇所だけだった 我ながら関心関心 八ヶ岳では100m上がる都度脚ついてたからなぁ

山岳賞計測ゾーンもいつスタートしたか気が付かず、終了計測地点で分かった。もう少しペース上げられたのになぁ
一度長い平坦な場所に出る。ここは40km/hくらい出ますよと言っていたが、確かに脚パンでも40km/h弱は出た 30km/h巡航できる なんせここまでずっーとトルクフルなペダリングを強いられて体感スピードを全く感じなかったからね 久しぶりって感じで脚を使ってしまった。 しかしフロントタイヤから上がる水しぶきが冷たいこと・・
所々に大会関係者の方が「あと何キロですよ~」などと勇気付けてくれる。その時も「このカーブの上りが終わればあとは真っ直ぐゴールですよ~」と言われ、その気になったが、実は最後にもうひと上りあった やられた~
9:25 でもゴールラインが見え、大会オーディエンスの掛け声の中、ラストスパートでゴ~~ル
0611_09 気持ちいい!!! と言うのはうそで寒くて寒くて うどん食いたい~としか思えなかった(^^; タイムはサイコン計測で1:53くらいだった
0611_10
後は恐怖の下りだけだ
着替えはないので、取って置きのアームウォーマとケンちゃん特製ポンチョの上からウインドブレーカを羽織る。
気圧の違いか補給食の包みがパンパンになっていた
下りも断続的にスタートなので暫く待つ この時点で寒くてて震えが止まらない
それでもオオシラビソが少しあって特有の香りがして束の間のリラックスができた
0611_12
下りが始まるが、寒くてハンドルが震えスピードが全然上がらない。20-25km/hが関の山 24kmあるので1H以上かかった

防寒対策した人にバンバン抜かれた 兎に角我慢 上りより下りが辛いなんて初めての経験
富士HCの最大の難関は下りの寒さだ
指の感覚がなくレバーにかかってるかすら分からなかった
途中、リタイアしたひとを乗せた暖かそうなバスが登って来るのを見て気持ちが萎えそうだった。あ~俺も乗りた~い が、我慢 
少しでも体を温めようとブレーキをかけながらペダリングしたがあまり意味なし

漸く料金所に辿り着き、帰ってきた~と実感 結構ここが一番嬉しかったかも
クリートを外すが下ハンを持った上半身がそのまま凍りつき、直ぐにはその体形から戻すことが出来なかった
そのあと、会場に戻って うどんを見つけ悴んだ手で不器用に食べた。暖かさが沁みた。おまけにラッキーだったのは、そのうどんを作っている大鍋のところで暖を取りながら食べさせてくれた 有難かった~
既に会場にはリザルトが掲載されていたらしいが、全然気が付かなかったなぁ

何とか正気を戻し、車に戻って自転車を積み、着替えて、Bi-kingさんを待つ。

その後、hiroさんと合流し、そのまま東京に向かう。帰りの中央道も相模湖付近が渋滞していて、一般道で八王子まで大垂水峠を越えた ここもきつそうだよ
hiroさんは、ここを通って甲府にサッカーの試合を見にいったことがあるって 大垂水峠と笹子峠がきついらしい 今度Tongchaiさんと行ってみたいなぁ→ジロデ信州

八王子から高速に戻り、府中バス停でhiroさんとお別れ、Bi-kingさんを市川大野ので送り、業務終了。

こうして初の公道封鎖イベントは終了。
レースと言うけど、私には周りで人と先を争うシーンが無かったので、やはり公道封鎖イベントかなぁ 自分との戦いって感じ
携帯速報も申し込まなかったので公式タイムは分からない。
デジカメのタイムスタンプから想像して2時間10分くらいかな 自分としては満足。

4000人も出てて 体力も自転車も千差万別。
フラフラしちゃう人(いつも私がそうだ)、突然後も見ずレーンチェンジする人もいる。
或いはレース並に「入れてくれ!!」と叫ぶ人。
色んな人が出場していいと思う 体力の差や指向の違いなどね
ただ後ろは確認するマナーや速い人を抜かせるためのスペース確保の走り方は守って欲しいね
装備は天気が良くても寒いことを想定して用意したほうがいい 帰りに荷物が多くても下りだけだからね デイパックでも全然問題ない

下りは辛かったけど、とてもとても楽しかったです 大会の運営された方々の感謝します 病み付きになりそうだね v(^^)v
あと、山練に付き合ってくれた皆さんに心より感謝します お蔭様で気持ちよく走ることが出来ました ありがとうございました m(_ _)m また一緒に走ってくださいね
dst 49.74km
time 3:05:19
ave 16.1km/h
max 37.8km/h(下りで出たのではないのだ)

|

« 富士HC直前(暫定up) | トップページ | #6週エドローグ »

コメント

本当の敵は傾斜よりも寒さだったのですね~
雨の夏富士登山の経験を思い出して、さっきから震えてます。
それでもしっかり楽しまれたようで何より。お疲れ様でした!(^^

あ、喘息起こらなくてよかったですね。
ふたまママも息が上がると喘息を起こしてしまうので。
とにかく辛そうなんですよね、あれ。

投稿: ふたまパパ | 2006年6月12日 (月) 23時13分

お疲れ様でしたー。いやー、寒かったですね。僕も準備不足で下はレーパンのみの生足で下りたので激寒でした。最高速度が下りじゃなかったのに笑いました。

投稿: ショーゴ | 2006年6月13日 (火) 01時11分

>ふたまパパさん
富士山て独立峰だから気温は低いのかなぁ
いい経験しました 体って凍るのね(爆)
>ふたまママさんも喘息持ち
そうなんですか 辛いですよね~ 自転車で克服しましょう

>ショーゴくん
お疲れ様でした
ショーゴくんは目標タイムがでなかったと悔しがってましたが、あの時の顔は精悍で「いい男」でしたよ
似た別人かと思っちゃった(^^)
私も次の目標ができました(内緒だけど)

投稿: きやのーん | 2006年6月13日 (火) 01時40分

お疲れ様でした。
心配されていた喘息が出なくて良かったですね。
天候不順のため下りは最悪でしたが、
これもまた富士山の姿ということで思い出には残りますね。
また何処かでご一緒しましょう。

投稿: きーじぇい | 2006年6月13日 (火) 01時44分

お天気が良くても下りは寒いらしいので、雨の中を下るのは大変だったと思います。
千葉グランフォンドは、練習にならなかったですねー<激坂過ぎて

大人の判断としては、悪天候でDNSなのでしょう。
LC店主は、DNSしたそうです。
でも、自転車海苔は雨でも走っちゃいますよね。<大人の判断できませんから(笑)

hiroさんとも、お会いできたのですね
今度、荒川までお誘いしましょう。

投稿: Gibson | 2006年6月13日 (火) 09時37分

土日はお疲れ様でした。
ウィンドブレーカーのみで下られたんですか!大変寒かったと思います。下着まで冬装備の私でも辛かったですから、想像を絶する寒さだったでしょうね。
体調を崩されないようお気をつけ下さい。
またご一緒する節は宜しくお願いします(^^)

投稿: kuma | 2006年6月13日 (火) 11時53分

荒川軍団の皆様、圧倒的なパワー、絶句ものでした
お陰様で土曜日 ののんびりサイクリングで今後私にとって出そうにないアベを記録できました
コソ練して精進します(^^;

>きーじぇいさん
お疲れ様でした。宿手配等ありがとうございました お世話になりました
ええ とてもいい思い出だし、共有できたのが嬉しいですね
またどこかでこ一緒しましょう

>Gibsonさん
いやいや、大山千枚田上りのあの激坂感覚麻痺経験がここでも生きてましたよ(爆笑)
LC店主はDNSだったのですね 大人の判断をされたのですね あはは 来年は用意周到です

>kumaさん
いらっしゃいませ!! & お世話になりました
どこかで皆さんに抜かれたんですよね でも視界が悪くて見てる余裕無かったです
>貧弱装備
そう言われると嬉しいなぁ(アホでやんす)
色んなベスト10があれば、差当り私は無謀装備ベスト10に入っているでしょうか(パチパチ)
体調は問題なしです 少し筋痛程度です
また、お会いしましょう!!

投稿: きやのーん | 2006年6月13日 (火) 13時08分

南極探検隊の帰還を祝して乾杯ー!(笑)

写真から寒さが伝わってきますね~^^;
しかし、ある意味好天よりも記憶に残る大会では。
来年晴れたら過酷な経験値を生かして走れますね。

ひとまず、お疲れさまでした!

投稿: Tongchai | 2006年6月13日 (火) 13時36分

いや~寒かったですねぇ、下りは。
気にされていた喘息にもならずに良かったですね。

>お陰様で土曜日 ののんびりサイクリングで・・・
別の意味での新記録も良かったですね(^^)
後ろを殆ど振り返らずに、失礼しました(^^ゞ
また今度記録狙いじゃないツーリングでご一緒できたらと思います。

投稿: よっち | 2006年6月13日 (火) 15時17分

どうもお疲れ様でした。やはりどの写真も寒そうで・・。
脱衣所に置いてあったローラーは使わなかったんですね。笑
準備の良さに驚いてしまいました。
レース当日は、朝別れたきりになってしまいましたが、
またどこかのイベント一緒に参加したいですね!

投稿: KNIDer | 2006年6月13日 (火) 17時39分

お初でしたが、前日の行動が違ったのと建屋が違ったのでなかなかお話できなかったのが残念でした。また機会がありましたら宜しくお願いしますね!

投稿: あか | 2006年6月13日 (火) 21時22分

>Tongchaiさん
ほんと笑えますねぇ 記憶に残る大会でした
こう言うのって徐々にエスカレートするのが世の常ですが、来年は何が降るのだろう・・ いっしょに出ようよ
準備の時間も今思い出すと楽しかったです
乗鞍ってまだ間に合うかなぁ 調べてみよう

>よっちさん
>喘息のご心配
ありがとうございます。土曜日も走り始め早々に喘息が出てしまい、すぐ展望台の写真休憩があったので 吸入をして助かった次第であります
よっちさんのお噂は兼ねがね聞き伝えられていますよ
「引きずりの刑」などなど(汗) まぁ あり得ないアベの旅情派の人がいたり 恐るべし荒川であります(^^)
これからもよろしくお願いします

>KNIDerさん
土曜日に本栖湖周回で先に行くKNIDerさんを見てて随分と姿勢が低いなぁと思って見てました。下ハンが定位置なんでしょうか
来年はいっしょにサドガシマンジャージで佐渡ですかね(爆笑)

投稿: きやのーん | 2006年6月13日 (火) 21時28分

>あかさん
初めまして よろしくお願いします
コメントいただきありがとうございます
いつも赤いワニガメさん一行がお世話になっています(^^)
荒川や秩父山系遠征の節はどうぞよろしくお願いします
江戸川周辺もご案内できるところを用意しておきますね

投稿: きやのーん | 2006年6月13日 (火) 21時35分

シンザカヤジャージ最高標高到達お疲れ様でしたー。
画像を見ると、・・・混んでますねえ。(笑)
雨天極寒の中の完走は一生の宝、おめでとうございました。

投稿: futuunopapa | 2006年6月13日 (火) 21時50分

>パパさん! まいど!!
えっそうでか 恥ずかしいです。あの日丁度シンザカヤさんも八ヶ岳高原に行ってたんですよね。
パパさんが言ってた「準備のときから楽しい」って今実感してます
終わっちゃって少し寂しい感じです(^^;
あと折角つけたパワーが何もしなくて減っていくのが悔しい トレーナー乗っておこう
そう言えば荒川爆走組の人たちにも普通じゃないパパさんは有名でした(爆)

投稿: きやのーん | 2006年6月13日 (火) 22時16分

きやのーんさん、お疲れさまです、なんてちょっと遅めのコメントですが。きやのーんさんとはスタート時とお風呂後にお会い出来てあの人数の中では中々の確率でした。本当に下りには泣けてきましたね。

帰路高速は上野原で降りてあとはそのままR20でのんびり帰りました、なので渋滞は無かったけどそれなりの時間がかかりました。

来年は、もっと色んなイベントで一緒になるような気がします。

投稿: kazu | 2006年6月13日 (火) 22時18分

Kazuさん
現地で会えて嬉しかったです 下りで体が凍るってあのことですね 下ハンの姿勢から戻れないんですもんね
>イベント遭遇
はい、八ヶ岳や草津、会津、佐渡と色々あります
でもブルベだけは・・・(大汗)
乗鞍は出られるのでしょうか 追撃参加しようかな

投稿: きやのーん | 2006年6月13日 (火) 22時27分

きゃのーんさん、こちらでは初めまして!
お互い辛い大会となりましたね。
でも、辛ければ辛い程に思い出深い大会になる事でしょう。
これからもよろしくお願いします!!

投稿: らんた | 2006年6月13日 (火) 23時06分

どうもー。
お疲れ様でした。

お初で走行も少々でしたが楽しかったです!
また是非ご一緒してください。
写真臨場感あって走っている時を思い出せました。
これからもよろしくです!

投稿: kao | 2006年6月14日 (水) 01時41分

>らんたさん
コメントありがとうございます
中々のものでしたね 初参加でしたのでいい経験になりました
らんたさんも私と同じような装備だったんですねぇ
お互い「無謀装備」トップ10 getですね(^^)
#赤いワニガメさんといいコンビですね(^^)
これからもよろしくお願いします

>kaoさん
コメントありがとうございます
やはりみなさん激速ですね ゴールであれだけのスピードを出すなんて・・・ もっと精進しなくっちゃ
また、お会いしましょう
これからもよろしくお願いします

投稿: きやのーん | 2006年6月14日 (水) 09時10分

お疲れ様でした。
お初でしたが、お蔭様で楽しく過ごせました。
喘息大丈夫だったようで良かったですね。
前日もきやのーんさんと一緒に走れて楽しかったです。
また、一緒に走る日を楽しみにしてます。

投稿: ケン | 2006年6月15日 (木) 10時06分

コメント遅くなりまして・・・・
お疲れ様でした。
軽装備だったんですね。
もう少し事前準備が必要な事を思い知りました^^;
来年も頑張りましょう!

投稿: 赤いワニガメ | 2006年6月15日 (木) 15時44分

>ケンちゃん
お初でしたが、気さくにお話くださいましてありがとうございました。ハダカの付き合いもありましたし 宿泊込みイベントの良さですね
特製ポンチョ ナイスでした!! 全然見劣りしないところがすごい
また、荒川でお会いしましょう これからもよろしくです!!

>赤いワニガメさん
どーも~ 荒川は剛脚爆走組でしたね(汗)
土曜日のポタで「パインツリーに車置いて自走しようよ」と言わなくて良かった(^^;;;
これで次回の目標ができました

投稿: きやのーん | 2006年6月15日 (木) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: #3富士HC、最大の難関は:

» Mt.富士ヒルクライムレース [ロードバイクで行こう!]
第3回 Mt.富士ヒルクライムレースへ参戦しました(^^)/ 6/13 暫定版取りました。 かなりの長文になってしまいましたがお読み頂ければと嬉しいです。 当日は5合目での写真の通りしっかりとした雨となってしまいました…残念! 75分の目標を立ててシルバー..... [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火) 15時18分

» 富士HC [遊び疲れた次の朝…。]
Mt.富士ヒルクライム大会に参加して参りました。 結論はか~んたんです。 未熟者め! 顔洗って出直せよ! おととい来いってんだ! 富士山から三行半を叩き付けられて尻尾を巻いて逃げ帰って来ました。 練習不足 体作りの不足 経験不足 我慢不足 どれを取っても自分の..... [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火) 22時54分

» 第3回Mt.富士ヒルクライム [散策風土記]
今年の大きな目的であった「第3回Mt.富士ヒルクライム」に参加してきた。 2月の受付当日に申し込んでから特訓を兼ねて奥武蔵や秩父の峠通いが始まったが、 あっという間に時間が経ったような感じでこの日を迎えたのである。 金曜日の晩は早めに寝るつもりが荷物を詰める..... [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水) 08時51分

« 富士HC直前(暫定up) | トップページ | #6週エドローグ »